« 賃貸住宅紛争防止条例の説明 | トップページ | 新しい事務員さん »

管理物件での火災

今日の昼頃に、当社の管理する物件の近くで火災がありました。
とても気になったので現場に行ってみると、当社の管理する物件からは少々離れていたのですが、以前にご案内したことのある、近くの仲間の業者が管理する物件でした。
すぐに仲間の業者さんへ電話すると、すぐに駆けつけられたようでした。後ほど電話があって、たいした事がなかったそうで本当に良かったです。

数年前に当社で管理する物件のお隣から出火した事があったんです。その時は、やはりその物件近くの仲間の業者さんから電話をいただいて、駆けつけたことを思い出しました。
地元の同業社はライバルでもあるんですが、本当に仲の良い仲間でもあるんですよ。

それで数年前の火災のときは、最終的に管理物件に延焼してしまったんです。
その時は消防団の分団長にお願いして、消防団の任務から離れ、不動産業者として現場で動く必要があったんです。
不在の入居者の方へ連絡を取ったり、どの部屋に誰が住んでいて、どこまで連絡が取れているかという情報を消防署の現場本部に伝えたり、建物全体の配置図を使って説明をしたり、駐車場の車に移動の連絡をしたりしました。

火災がおさまった後も、延焼してしまった方の宿泊先を探すお手伝いをしたり、私の家へ泊まっていただいた方もいらっしゃいました。
全焼してしまった方の新しい住まいを探す際も、ちょうど当社管理物件で同じようなタイプがなかったんです。やっぱり亀戸の同業の仲間に事情を話したら、申込即入居させてもらえるよう大家さんに交渉していただいたりして、本当に助かったんです。

災害は無い方が良いに決まっていますが、万一あったときには、われわれ近くの管理業者同士が連絡を取り合っていくことも大切だなぁと思った数年前の出来事を、今日の火災で思い出しました。

|

« 賃貸住宅紛争防止条例の説明 | トップページ | 新しい事務員さん »

コメント

先日の台風で弊社加盟店さんの管理物件もだいぶ被害をこうむって大変だったようです。お店自体が水没してしまっているところもありました。
でも、何より入居者の方々の心配をされて飛び回っている人が多かったのです。
お客様会っての商売でもありますが、衣食住の一番大事な住をまかせていただく業者としては、非常時こそ連携を取り合って人のために尽くさないといけないのかもしれませんね。

投稿: toriiumi | 2004年10月 4日 (月) 午後 08時22分

東京都では今年の春に、震災時の住宅提供に協力する業者を募集したんですよ。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2004/03/20e3t100.htm

登録未登録にかかわらず、いざとなったら地元の業者は皆で協力すると思っています。
それこそが地元で仕事をさせていただいている私たちの役目ですから。(^^♪

投稿: 亀戸 大竹 | 2004年10月 4日 (月) 午後 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26169/1583322

この記事へのトラックバック一覧です: 管理物件での火災:

« 賃貸住宅紛争防止条例の説明 | トップページ | 新しい事務員さん »