« 亀戸天神と飛び梅 | トップページ | 不動産ブログとRSS-2 »

不動産ブログとRSS-1

RSSリーダーが今日のニュースにも出てくるようになりました。
今日は自分の頭を整理するために備忘録的に書いてみたいと思います。
間違っていたら教えて下さい。宜しくお願いします。


【自分のホームページからの情報発信】
基本的にホームページからの情報発信は、積極的発信と受動的発信があり、前者はping、後者はRSSと理解していました。

1.基本パターン
  自社でRSSを生成して、RSSリーダーに登録してもらう

2.pingサーバー経由
  現在最もポピュラーなのは(だと思っています)、
  自社 --(ping)--pingサーバー--blog検索サイト--(RSS)--
  blog検索サイトでは、キーワード毎のRSSを生成し、それをRSSリーダーで読む。

3.RSSセンター(パターン1)
  自社 --(ping)--トラックバックセンター---閲覧
トラックバックセンターへトラックバックpingを送り、カテゴリごとにユーザーが検索しやすく分類する。
現在はトラックバックに対して、センター側はRSSを生成できない。
将来RSSを細かく生成できれば、ポータルサイトや不動産業者間情報、ローカルな物件情報サイトが、会社の枠を超えて多数誕生するかもしれない。
ポータルサイトなどはBLOGでなくても簡単にRSS生成を出来そう。
地域密着会社が集団で地域物件情報センターを作れるかもしれない。

4.RSSセンター(パターン2)
  自社で生成したRSSやBLOG検索サイトでキーワードごとに生成したRSSを、センタに登録し、カテゴリーを分類して公開する。RSS収集サイト。
既に、いくつかテストや収集を始めているところもありそうですが、問題は自分の希望した情報サイトを作れるかどうか。
記事の内容をそのまま載せるのには、何か倫理的な問題がありそう。
地域情報サイト向き?

続きはRSS-2へ

|

« 亀戸天神と飛び梅 | トップページ | 不動産ブログとRSS-2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26169/2779545

この記事へのトラックバック一覧です: 不動産ブログとRSS-1:

« 亀戸天神と飛び梅 | トップページ | 不動産ブログとRSS-2 »