« 無線LANが欲しい (~_~;) | トップページ | 研修会に来ています »

安政時代

亀戸の地域にかかわることを、イベント・地域情報のblogに時々書いていますが、最近ふと思うんです。どうも安政から幕末時代の亀戸の話しが多いような気がするんですよねぇ。

亀戸が歴史上に出てくることで有名なのは、古事記に登場する日本武尊と弟橘媛、平将門の乱、しばらく空いて、徳川4代将軍家綱の都市計画後に頻繁に出てくるようになります。

水戸光国が名を付けたと言う、臥龍梅の梅屋敷、亀戸天神の藤、萩寺として有名な龍眼寺・・・
徳川家綱による都市計画が、元禄から安政まで時間をかけて浸透し、幕末の頃に花を開いたのかもしれませんね。そう言えばくずもちで有名な「船橋屋」さんも、文化二年の創業とか。

まだまだ知らない地域の話がいっぱいありそうですね。

|

« 無線LANが欲しい (~_~;) | トップページ | 研修会に来ています »

コメント

ガス灯の始まり、全然知りませんでした。家綱の都市計画の件も。亀戸の歴史って知っているようで案外知らないんだなあと気づかされました。これからもいろいろ教えていただければと思います。

投稿: ての | 2005年7月17日 (日) 午後 11時00分

てのさん、こんにちは
お教えするなんてとんでもないですよ。
私もガス灯のことは始めて知ったんですよ。

地元に古くからいらっしゃ地主さんのお話を聞いて、少しずつでも記録に残していければという気持ちで書いています。

また宜しくお願い致します。

投稿: 亀戸 大竹 | 2005年7月18日 (月) 午前 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26169/5008240

この記事へのトラックバック一覧です: 安政時代:

« 無線LANが欲しい (~_~;) | トップページ | 研修会に来ています »