« 宅建江東区支部インターネット活用セミナー | トップページ | 街の不動産屋さんに紹介されました♪ »

私たちは何をすべきか

昨日インターネットセミナーが終わった後に、
浅見社長から「日記も良いけれど、構造計算書偽造問題について何で意見を書かないんだ?」とご指摘をいただきました。

今回の問題は建設業界・不動産業界全体、さらには社会的にも大きな影響のある問題だけに、中途半端な情報で、なおかつ部分的な意見を書くことに、ためらいがあったんです。

昨日は、今の情報だけでは書けないと申し上げたのですが、ニュースコラムへコメントさせていただきました。このコメントもある一方からの見方であって全てでないことを十分理解しています。

私たち街の不動産業者として、出来ることは何なのか、この問題にしっかり向き合い、より良い方向に進むためにはどうしたらよいのか、
という立場で今後もこの問題に対しては正面から向き合っていきます。

|

« 宅建江東区支部インターネット活用セミナー | トップページ | 街の不動産屋さんに紹介されました♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26169/7399170

この記事へのトラックバック一覧です: 私たちは何をすべきか:

» 仲介業の立場から/耐震強度偽装マンション問題を考える [Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』   編集長 不動産ブログ日記]
///////////////////////////////////////////////////////////////////// 分譲業の立場ではなくても、耐震偽装マンション問題が大きな社会問題になっているわけですから、仲介業もなんらかの形で“自社の見解”なりを表明しておかないと不動産業界全体としての信頼感醸成(回復)の責任放棄になるのではないでしょうか。 /////////////////////////////////////////////////////////////////... [続きを読む]

受信: 2005年12月 2日 (金) 午前 10時25分

« 宅建江東区支部インターネット活用セミナー | トップページ | 街の不動産屋さんに紹介されました♪ »