« 消防車のサイレンを聞分ける | トップページ | 国勢調査速報から何を見るか »

消防車のサイレンは3種類

前の記事の続きです。

消防車のサイレンが3種類あるのご存知ですか?
「ウー」と言う動力サイレン、「カンカン」という警鐘、そして電子サイレンがあります。

動力サイレンと警鐘は皆さんよくご存知だと思いますが、
警鐘は現場引き揚げの時や予防警戒時によく使用します。
電子サイレンは、「ヒューン(うまく表現できていませんが)」と言う音です。救急活動の際に鳴らします。

現在救急車の出場回数が非常に多いため、救急隊の到着に時間がかかる場合や、要救助者の搬出に困難が予想される場合等に消防ポンプ車が出場することがありますので、その際は電子サイレンを使用します。
なお消防団の消防車は電子サイレンしか付いていないので、火災の際でも電子サイレンになります。

もし交差点近くでサイレンの音が聞こえたら、交差点進入には充分ご注意下さいね。

|

« 消防車のサイレンを聞分ける | トップページ | 国勢調査速報から何を見るか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26169/7863723

この記事へのトラックバック一覧です: 消防車のサイレンは3種類:

« 消防車のサイレンを聞分ける | トップページ | 国勢調査速報から何を見るか »