« 桜は(^^♪ | トップページ | 股関節かと思ったら「腰」… »

新しい賃貸管理ソフトがやってきた

Img_0391東京都不動産協同組合から斡旋販売されている新しい賃貸管理ソフト「アイ・キャン賃貸」が、不動産プロのデータコンバートを終えて今日納品になりました。
情報流通委員長という立場上、会員の方からの質問に少しでも答えられるようにと早めに注文したのですが……

どうも不動産プロからのデータコンバートは、入力作業の手間を省く程度と考えたほうがいいようですね。
とりあえず今日は、データコンバートの間に溜まった契約データの入力作業をしたのですが、その中で気がついた点をいくつか書いてみます。

一番の問題は駐車場の物件はまったく移行できないということ。
この影響か、物件が異なった貸主とリンクされてしまい、物件と貸主のリンクを確認する作業が発生すること。
建物の築年月が一部の物件で、西暦と和暦の変換がうまく行っていないこと。
当社でメインで使用しているデータベースのソフトである「アクセス2003」とは、どうも相性が悪いようで、クライアント側で頻繁にアクセスが動かなくなる(サーバー側では1回発生)。

不動産プロとはテーブルの更新タイミングが大きく変わったようで、今までの手順を変える必要があること。うっかりすると、まだ更新済みや契約済みにしたくないのに、処理済の扱いになってしまい、欲しい帳票が打ち出せない。(これは慣れだと思いますが…)
通常1時間程度でできる入力作業が、今日は3時間以上かかってしまいました(^^ゞ
これも慣れですね(^^♪

ただオーナーさんへの精算業務において、駐車場のデータが引き継がれないというのは大きな問題です。ここが改善されないと「即戦力」にはならないかも知れませんねぇ。

問題点ばかり書きましたが、ソフトの内容としては結構使えそうですよ。
契約書や重説、精算書に領収書が、1回の入力作業で流れるように作れるのは、不精な私にとっては「嬉しい」です(*^_^*)

|

« 桜は(^^♪ | トップページ | 股関節かと思ったら「腰」… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26169/9300428

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい賃貸管理ソフトがやってきた:

« 桜は(^^♪ | トップページ | 股関節かと思ったら「腰」… »