« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

駐車違反の取締りが変わります

道路交通法の一部改正に伴い、明日6月1日から駐車違反の取締りが変わります。

主な内容は、車両所有者などへの放置違反金制度、墨田区・江東区を含む12区で民間委託、悪質・危険・迷惑な違反を重点に短時間の放置駐車の取締りなどです。
また放置車両確認事務の民間委託に伴って、重点的に取締りを行う場所、時間帯等を定めた「取締り活動ガイドライン」を策定・公表しています。

城東警察署のガイドラインによると、
当社の前の蔵前橋通りは、城東警察署で最重点路線として取締る管内路線3箇所のうちの一つとなっています。

お車でご来店の際は、弊社の駐車場がございますので、ご利用くださいますようご案内申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

晴れのち雷、夕方にはヒョウ、そして積雪

決して今日の天気のことではありません(^^ゞ

仕事をしている私の今日の気持ちです。
精神的な緊張が続く一日でした。
疲れた…

最後の積雪は、これから除雪作業のように、こつこつ仕事をしていく気持ちの表れなんですよ。
積雪には晴天が欲しいですね。暖かい太陽のように、積もった仕事を処理していきたいと思います(^^♪

どうも抽象的ですねぇ…
さぁ頑張ろう!!


人気ブログランキングに参加しています。クリックするとポイントが加算されて、ランキングも上がるというものなのですが…。
このブログが、どこへ行ったか分からなくなってしまいました(^^ゞ
もし宜しければ下のリンクをクリックして下さいね。
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

式年遷宮と伊勢詣で

今日は6時過ぎに打合せがあり、打合せが終わってすぐに消防団の訓練があるので、ちょっと時間のあった5時過ぎに早めの日記をと思ったら、久しぶりのお客様がお見えになりました。

お話を伺うと、伊勢神宮の式年遷宮の中でも大切な行事があり、昨日まで伊勢神宮へいらっしゃったとのこと。
そう言えば、亀戸の地元で建築関係や電気関係でお願いしている方も、この土日は伊勢神宮へ行くという話を思い出しました。

式年遷宮は1300年も続いているそうですが、何年もかけて準備するんですね。
そんなことを感じた昨日今日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天神さまの梅

20060527182753_1

亀戸天神の梅です
まだ取らないで下さいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総会シーズンですが…

5月も後半となり、あちらこちらで総会が開かれます。
今夜は、亀戸天神通り商店街・江東宅建青年会の総会が重なっているのですが、申し訳ありません、両方とも委任状を提出させていただきました。

大切な総会だと良く分かっているのですが、消防団のポンプ操法大会に向けた訓練が、一番大事な時期となり、今日は訓練日なのです。

昨年は優勝し金メダルを戴いたのですが、今年は私がヘルニアのために出場できず、後輩がそのポジションで頑張っています。
私はその指導者として指名され、頑張っている皆のためにも、そして私の故障で迷惑をかけている分、しっかり訓練のお手伝いをしたいと思います。

それにしても会社だけでなく、いろいろな会の総会がこの時期には集中しますね。週末3日間で5つもあるんですよ。
何もなくても全部は出れませんね(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「天神様の歳時記」の連載を始めました

亀戸天神通り商店街では、天神宮元会の協力を得て「天神様の歳時記」の連載を始めました。

「天神様の歳時記」を掲載するブログは、かねてから商店街で、「地元の地域情報を発信できるページを」ということで準備してきたものです。

亀戸天神のほかにも、亀戸香取神社や亀の会、あるいは亀戸観光協会の情報を、複数のメンバーでそれぞれ更新していきます。

私もライターとして参加させていただくことになったんですよ。
私の地域情報のページ同様、「亀戸天神通り商店街」のページも宜しくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インターネットに接続できません

落雷のためか、インターネットに接続できないようです。
今日はメールマガジンを発行したかったのですが…

雷も恐いので、そろそろ仕事も終わりにしたいと思います。
(携帯からアップしました)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

江東ケーブルテレビでのUHF放送受信設定

当社でご契約いただいたお客様には、ご契約の際に重要事項説明書のご説明の中で、テレビアンテナの設置状況に関する説明項目があります。
亀戸地区は特に多いのですが、江東ケーブルテレビ(東京ベイネットワーク)によるテレビ放送の供給が行われている地区や建物が半数以上あるんですよ。

説明書の中で、「テレビはケーブルテレビにより受信できます」と記載させていただいた方から、時々UHF放送の受信方法についてお問合せいただくことがあります。
ご契約やご入居説明の際にご説明するよう心がけているのですが、一度にたくさんのことをお話しするので、ご説明がちょっと分かりにくかったのかもしれませんね。

ホームページの「お引越しの手引き」と「生活回覧板」にも同じ内容を掲載させていただきますが、江東ケーブルテレビ(東京ベイネットワーク)によるテレビ放送の供給が行われている建物で、UHF放送をご覧になる場合は、次のように設定することによってご覧いただけますので、ご参考になさって下さいね。

なおケーブルテレビからテレビ放送が供給されている場合でも、衛星放送や有料放送をご覧になられる場合には、多くの場合、別途加入手続きが必要となりますのでご注意ください。

-------------------------------------------
UHF放送のうち、東京MXテレビは、11チャンネルで視聴できます。
ちばテレビ・テレビ埼玉・tvk(テレビ神奈川)・放送大学については、テレビ側でチャンネル設定する必要があります。

UHFチャンネル設定は、以下の周波数帯域でお手持ちのテレビの空きチャンネルに設定して下さい。チューニング方法についてはお手持ちのテレビの取扱説明書をご参照下さい。
  ちばテレビ・・・C22
  テレビ埼玉・・・C18
  テレビ神奈川・・・C20
  放送大学・・・C21
もしくは3チャンネルと4チャンネル間を微調整していただくと順番に画像が出てきます。
※一部のテレビにおいて、チューニングできない場合があります。
-------------------------------------------
以上は、東京ベイネットワークによるケーブルテレビに関する説明の抜粋です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セミナー会場に着きました

セミナー会場に着きました

ちょっと出るのが遅くなってしまいましたが、これから研修を受けます。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

私も人間です(^^ゞ

先日いただいたお電話にはビックリしてしまいました。
「お宅不動産屋だよね。駐車場探してんだけど…。」
その後も延々と、このような口調で続きました。

お客様だとは分かっているのですが、ちょっと悲しくなってしまいます。

そんなことがあったので、余計好感を持ったのかもしれませんが、今日お申込みをいただいた芸人の卵さん、とっても良い感じの方でした。
話を伺うと「苦労しているんだなぁ、大変なんだなぁ」とも思うのですが、話し方も丁寧で、なおかつ「夢に向かって頑張っている」という気持ちがとても伝わってくるんですよ。心から応援したくなるような方でした。

やっぱり私も人間です。応援したくなる方には、一生懸命仕事をしたくなるんです(*^_^*)
今日は良い日だったなぁ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀戸駅賃貸物件情報のRSS配信

私のちょっとした手違いで、亀戸駅賃貸物件情報と特選賃貸物件情報がRSS配信されていませんでした。
先程気が付き、すぐに修正いたしましたので、今度は反映されると思います。
申し訳ございませんでした。

原因は、RSS配信する物件情報のページが、複数のページになっているにもかかわらず、1ページ目のみ配信する設定にしていたためです。
この設定のため2ページ目以降の物件情報が配信されていませんでした。

なお、ホームページ掲載の物件及びRSS配信させていただいている物件以外にも、空予定の物件や、未掲載物件も多数ございます。
お客様のご希望に合った新鮮な物件情報を、E-MAILでご紹介しておりますので、お気軽にお問合せ下さい♪

Chin賃貸リクエスト
 

Bai売買リクエスト
 

なお、入力フォームは、ジオトラストによって証明された、
128bit-SSL暗号化によるセキュア通信によって、保護されています。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

和太鼓ワークショップ

日本各地に伝わる和太鼓や踊りを専門に活動しているプロの団体「民族歌舞団荒馬座」さんから、
6/2(金)に江東区文化センターで行われる 「和太鼓ワークショップ」
7/2(日)に文化センターで行われる、荒馬座公演「いのちの鼓動(ひびき)」のご案内メールをいただきました。

イベント情報でご紹介しようか迷ったのですが、イベント情報のブログは、亀戸・錦糸町周辺のイベントをと思っているのでこちらでご紹介させていただくことにしました。

なお、私のほうは民族歌舞団荒馬座さんとは関係がないので、詳しいことは民族歌舞団荒馬座さんにお聞きになってくださいね。

以下は民族歌舞団荒馬座さんからのご紹介文をそのまま掲載させていただきます。

続きを読む "和太鼓ワークショップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の夜は、活力とアイデアの源

20060517202009昨日は金丸信一さんの出版記念セミナー・サイン会へ参加させていただきました。

終了後、インターネットを活用して不動産業界を牽引し育てていただいている方々、活用し頑張っている同業の皆さんとお話させていただきました。そして、いつも感じます。「この交流が私の活力とアイデアの源」なのだと。

toriumiさんのブログで写真をアップしていただきましたが、すごい場所に座っていたんですね♪
さて来週は、同じソフトを利用した方々とのユーザー交流会もあります。こちらも楽しみです。

| | コメント (5) | トラックバック (7)

石綿(アスベスト)と耐震診断

今年4月24日から、「宅地建物取引業法施行規則の一部を改正する省令」が施行され、重要事項説明に「アスベスト調査」「耐震診断」に関する項目が追加されています。

石綿・耐震診断ともに説明するのは、調査結果の記録が保存されているかどうか、保存されている場合にはその内容を説明することになります。あくまでも記録の保存を確認し説明するわけですが、記録が保管されていない場合でも実施を義務付けているわけではないんですよ。

なお建物の耐震診断を実施しているかの調査は、建築時期が、建築確認済証の交付年月日や登記簿謄本などに記載の新築年月日が昭和56年5月31日以前である建物が対象になります。

もう既にいくつかの物件で重要事項説明を行っていますが、私のところでは、説明書記載の内容はこんな感じです。

「本建物について、アスベスト(石綿)使用の有無に関する調査結果の記録が保存されているかについて、所有者・管理会社に照会したところ、記録は無いと回答されております。」

あっちゃんの不動産情報室本館でも書かれていましたが、私も同感です。
なんか問題の本質は別のところにあるような気がするのですが…


実は、昭和46年に建築確認を受けた建物の解体見積りを依頼しているのです。
設計士にアスベスト使用の有無について、建築確認図書で確認してもらったところ記載はないのですが、最終的には現地確認が必要だそうです。
点検口での確認ができない場合は、部分的に穴を開けて確認する作業が必要とのこと。

土壌汚染や地中埋設物、アスベストに耐震診断

調査できる範囲で調査をしますが、いざ重要事項説明書に記載するときには、どうしても気になります。
売買に関しては、第三者機関による調査が今後必須になっていくのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夜は忙しい??

先週は「夜に会合が毎日入っていて」と書いたのですが、今週も気が付けば昨日以外全部入っている…
今日は消防団、明日は丸の内へ、木曜金曜と閉店後のご契約、土曜日は消防団。
「このペースじゃ来週も?」と思って確認したら、来週は木曜以外既に全て埋まっていました…

決して夜に仕事を集めているわけではありませんよ。
この時期、消防団の訓練が一日おきにあるのに加えて、訓練日に会合がぶつからないのが一番大きな理由なんです(^^♪

ということで明日もカーテンを閉めた店の中で、溜まった事務仕事をしています(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

元気です

このところ日記が抜けがちですが、元気です。
昨年から準備を進めてきた仕事が、今まとめの段階に入ってきているので、忙しく仕事をしているんですよ。

今日は、相続時精算課税を利用するかしないか、契約からお引渡までの「つなぎ資金」をどうするか、建物越境部分をどうするか…

別々の仕事で、立て続けに処理しなければならないことがあり、
「頭の中がいくつかに分かれて、整理できれば良いのに」
なんて思ってしまいました。

不動産取引が最後まで確実に安全に、そして迅速に進むよう頑張っています。

さぁ、もうちょっと頑張ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

トラックバック

いつもお世話になっている「yukiさん」のブログで、「気分が良くないトラックバック」という記事がありました。
ちょうど私のこちらの日記へ、同じように感じるトラックバックがあったので、まさに同じ気持ちだったんです。

基本的には、トラックバック・コメント大歓迎なのですが、その記事にまったく関係のないトラックバックを送るのは「???」と思ってしまうんですよね。知合いの方は別ですが…

明らかに、変なトラックバックやコメントは、私もすぐ削除するのですが、その手間が結構大変。ココログの方は数が少なくて良いのですが、ムーバブルタイプのブログへは結構来るんですよ。
ですから、本当はコメントも、オープンにしたかったのですが、承認制に変更しました。
不本意です…。

トラックバックは、できるだけ関連する記事に送って、なおかつ自分のブログの本文中にトラックバック先のブログへのリンクを貼るようにしています。
時々忘れてしまうこともありますが(^^ゞ

もっともっと、コメントやトラックバックを使って楽しみたいものですね♪

| | コメント (0) | トラックバック (2)

古木と建物建築

先日、建築計画のお知らせを掲載しましたが、来月いよいよ着工の時期となります。
建築準備をいろいろしている中で気になっていたのが、母が嫁ぐ前(当然私が生まれる前です…)からある古木なのです。

160501写真に写っている、夏みかんの木・柿の木モクレン
そして事務所の南側に植えている「泰山木(たいさんぼく)」は、祖母が亀戸天神の境内にある立派な樹にちなんで植えたものです。

来月から写真の駐車場部分から工事が始まりますので、ご近所の方に相談したところ、
「ちょうど高木の樹が欲しかったので、もし良ければ私のところに植えてください」との嬉しい言葉をいただきました。
しかも、事務所南側に植えてある「紅白の椿」は
「建築期間中はうちの庭に仮植えして、建物が完成したら戻せば良いのでは?」

今回は、とてもありがたいお話を戴き、もう感謝感謝です。本当にありがとうございます。

なお古木があって、どうしても切らなければいけない場合は、氏神様にお祓いをして頂くのが良いそうです。地鎮祭とは別におこなう方が丁寧ですが、地鎮祭と合わせておこなっても良いそうです。ご参考になればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

墨田区観光ガイドと江東区「土のう」の貸出

ホームページに、2つのページを追加しました(^^♪

墨田区観光ガイド---おすすめサイト

浸水被害に備えて~「土のう」の貸出---生活回覧板

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もどってきた「アレクサ」

昨年末から低迷していたアレクサランキングが、4月から「何故か」回復してきました。

アレクサ(alexa)ランキングとは、不動産データ&ジャーナル社の「不動産業戦略e-REVIEW2005年9月号」によると、サイトのトラフィック量(閲覧時間)の測定分析データをもとに、世界中のサイトの人気度ランキング(トラフィック量が多いほどランキングが上位となる)だそうです。

「たかがアレクサ、されどアレクサ」という言葉も時々耳にしますが、順位が回復してきたので、とりあえず喜んで良いですよね(^^ゞ

昨年11月にホームページの全面リニューアルをしたとたんに、10万番があれよあれよと言う間に40万番。最近やっと以前に近いランキングへ戻ってきました。アクセスカウンターの数値は、それほど増減していないのに不思議です??

ムーバブルタイプで作成しているページも、各blogのトップページには、Googleのページランクが付き始めたので、今後も、より一層お客様に有益なコンテンツの充実が大切ですね。


なお、アレクサランキングは下記をクリックして開いたページに、ランキングを見たいサイトのURLを入力して確認できます。
アレクサランキングのページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカーが見たい!

今日は日本代表のサッカーの試合がありますね♪
いつも楽しみにしているんです。
ところが、今日は地元亀戸の商店街で打合せがあるんです。
この日記をアップしたら……休めないですよねぇ

今週は、毎日夜に会合があります。
昨日の消防団の訓練は雨のため中止になりましたが、水曜金曜は訓練です。
木曜日は、東京宅建協会江東区支部の理事会
土曜日は、亀戸子ども会連合会の総会

今日いただいたマンションの購入申込みと、貸事務所の入居申込みのスケジュールがタイトなので、今週末に向けてハードな業務となりそうです(^^♪

でも、やっぱりサッカーが見たい\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お客様の声

先日、あるお客様から嬉しいメールをいただきました。
日々の仕事の中で、久しぶりにメールを戴くのは嬉しいことですね♪
そしてお客様から「亀戸が気に入った」の一言。とっても嬉しくなったんですよ。

「お客様の声」というページを設けられている業者さんも多いですが、私もちょっとづつ始めてみようと思います。
まだトップページからのリンクがないので、コンテンツとしては未公開ですが、もう少し記事が溜まったらトップページからリンクするようにしようと思います。

お客様の声第1回は「亀戸のマンションと学校・環境について」です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

同業者さんへのリンク

じつは…、今まで同業者さんへのリンクは、あまり積極的じゃなかったんです(^^ゞ

ブログのほうでは、不動産ブログ同盟の皆さんや、江東区内の同業者さんのブログへリンクしていたんですが、メインのホームページのほうは、同業者さんへのリンクはほとんどありませんでした。
確かに同種のホームページ同士のリンクは、検索エンジンに対して有効だとは知っていたのですが…

今回初心に戻って、同業者さんへのリンクを始めることにしました。
でも顔を知っている方だけにしようと思っています。
この業者間リンクを、どのように発展させるかが、ちょっと不安なんです。

今回は、イシイプランニングさん立神双葉開発さんゆいまーるさんサクラホームさん、そして地元で物件確認などで忙しいところ丁寧にご対応いただいている三協不動産さんプレイス・マツモトさん谷田部不動産さんへのリンクを掲載させていただきました。

このほかにも、宮崎のシガレットホームさん練馬のラビットホームズさん阿佐ヶ谷のヨシダホームズさん八柱の新京成ハウジングさん広島のアルファーランドさん東武練馬の久富さん高円寺のヨシケイハウスさん
あー書ききれない。

皆さまをお手本に参考にしながら日々頑張っています。
これからも少しずつ増やしていければなぁと思っていますので、よろしくお願いいたします。


宜しければご協力をお願いいたします。
下記のリンクをクリックすると、ランキングが上がるサイトです

不動産サイトランキング

人気blogランキング

| | コメント (8) | トラックバック (1)

今日は息子の誕生日♪…

今日は息子の誕生日です。
プレゼントは一昨日買った自転車
息子の自転車のほうが、私の自転車より一回り大きいのを見て、
「大きくなったなぁ…」

さぁ、これから家族で誕生会です。
いつまでできるのかなぁ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

横須賀三笠公園

20060505133042_1

良い天気です

| | コメント (0) | トラックバック (2)

墓参そして住宅展示場

今日は、祖父母や父が眠る八柱霊園へ墓参へ行きました。
命日ではないのですが、来月から始まる事務所と自宅の新築工事の報告のため家族揃って行ってきました。

そして午後からは、住宅展示場へユーザーの立場で、いろいろなハウスメーカーの建築と仕様の確認に行ってきました。母と家内は、とにかく水周り。かなり時間をかけて見ていました。

私としては、「水周りはショウルームのほうが良いのでは」と思っていたのですが、母と家内はいろいろな思いで見ていたようです。
生活動線と水周りの仕様はショウルームではつかみにくいですものね。ユーザーの方が見る気持ちが良く分かりました(^^♪

私としては、息子二人の部屋を、「プライバシーを保ちながら、家族全体の生活にどう調和させるか」という造りを確認したかったのですが、今日はあまり参考になるプランが見られなかったのがちょっと残念です。

長男は、オーディオルーム(AVシアタースペース)が気に入ったようで、さかんに「お父さん、これ良いよ!」
私は「こういうの造ってもあんまり利用しないんだよ」と言おうと思ったら、家内が、「いいわねぇ。でもお母さん、これがあったら家で何もしなくなるよ(^^♪」

夢を見るのは良いけれど、現実も見て欲しいなぁ……♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

久しぶりにお休み(*^_^*)

先程お店のカーテンを閉めました。閉めたとたん思わず
「やったー久しぶりに、お・や・す・み (*^_^*)♪」と叫んでしまいました。

久しぶりに家族でお出かけ、嬉しいなぁ。
行くところは明日のお墓参りしか決まっていないけれど、長男の誕生日プレゼントを買いに行って…
家内は住宅展示場行ってみたいと言っているし、新宿の住宅ショールームも行ってみたいと言っている???
(仕事みたいだなぁ…笑)

ところで昨年一昨年はどこに行ったんだろう。
過去ログみると、昨年は近場にお出かけ、一昨年は……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀戸天神のおすすめ、船橋屋のアイスクリーム

亀戸天神のお土産で一番人気なのは、ご存知「船橋屋のくずもち」ですが、
お土産にはなりにくいですが、今の時期限定で販売されている「昔ながらのアイスクリーム」がとっても美味しいんです。
味は、抹茶・きな粉・黒蜜と、船橋屋さんで厳選した素材を使ったアイスなんですよ。

なお、販売しているのは亀戸天神の正門鳥居から蔵前橋通りの反対側にある「船橋屋別館」です。

Img_0511

写真をクリックするとちょっと大きめの画像をご覧いただけます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »