« 月末ですねぇ | トップページ | 亀戸天神と竪川睦 »

建築基準法に基づく中間検査

昨日は、建築基準法に基づく中間検査が行われました。
設計士さん、構造設計士さんのお話によると、特に指摘事項もなく、問題なく検査が終わったそうです。

ちなみに、「建築基準法に基づく中間検査」とは、
建築途中において、その建築の適法性を確認するとともに、工事監理・施工監理が適切に行われているかを確認し「建築規制の実行性の確保」を目的としたものです。

阪神・淡路大震災において、施工の不備が原因と考えられる建築物の被害が多く見られたそうです。このような理由から、施工段階での検査の重要性が改めて認識され、中間検査制度が設けられています。
なお、検査の対象となる建築物や工程は、特定行政庁ごとに、特定工程として指定することとされています。

見えなくなる主要構造部が増えてきますが、建築途中で、基礎配筋検査・中間検査を行なっていくことにより建物に安心感と愛着がわいてきます(^^♪

|

« 月末ですねぇ | トップページ | 亀戸天神と竪川睦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26169/12902678

この記事へのトラックバック一覧です: 建築基準法に基づく中間検査:

« 月末ですねぇ | トップページ | 亀戸天神と竪川睦 »