« 物件確認での出来事 | トップページ | ひとで »

亀戸は文武両道の街

今日の亀戸は冷たい雨が降り続く寒い一日でしたね。
それでも、長男は学校の部活、次男は少年野球の必勝祈願の後、首都高速下で練習。それぞれ7時前後に出かけていきました。

次男が少年野球の必勝祈願に言った場所は、
スポーツ振興の神「亀戸香取神社」です。
香取神社は亀戸でも古い神社で、665年に藤原鎌足公が東国下向の際に太刀を奉納され創立した神社です。

また有名な「平将門の乱」の追討使俵藤太秀郷が、戦勝を祈願して戦いに臨み、乱を平らげた時に弓矢を奉納したことでも知られています。このことは、今でも勝矢祭として伝えられているんですよ。

亀戸は、スポーツ振興の神「亀戸香取神社」、そして学問の神「亀戸天神社」があり、文武両道の街でもあるんです。

|

« 物件確認での出来事 | トップページ | ひとで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26169/17668301

この記事へのトラックバック一覧です: 亀戸は文武両道の街:

« 物件確認での出来事 | トップページ | ひとで »