« 首が…(ToT) | トップページ | 焼き鳥で一杯(^^ゞ »

え…本当に知らなかったの?

今日の朝刊に、東証1部上場の賃貸アパート大手管理会社が、消費税の申告漏れを指摘されたとの記事がありました。
時々税務処理上のミスや見解の相違として国税庁からの指摘を受けるという記事を目にしますので、今回もそういったところかなぁと思いながら記事を見ていました。

ところが!
「舗装されたりフェンスが設置されたりした駐車場の賃貸料は課税対象になる。同社はこのことを知らず、税務調査を受けるまで賃貸料にかかる消費税を一切納めていなかった。」

こんなの管理をしている不動産会社だったら、知っていて当たり前だと思うんですが…、上場企業でしょ?

しかも預り消費税の納税だけでなく、一括借上げだったらオーナーさんへ課税部分は消費税の支払も必要ですよねぇ。
もし管理料方式だったら、管理料は消費税の課税対象ですから、駐車場部分に関して、管理料に対する預り消費税を二重に計算している可能性も強いですよねぇ。


ちなみに私どもでは、管理料の算定の際には、今は総額表示の物件が大半になりましたが、非課税となる住宅部分と、課税となる事業用部分・駐車場を分け、本体部分を対象に計算しています。

私たち街の不動産会社は、間違いがあるといけないので、みんなで何度も勉強会を開いたんですが、上場企業が知らなかったというのは、「本当?」という感じです。

|

« 首が…(ToT) | トップページ | 焼き鳥で一杯(^^ゞ »

コメント

数年前に免税点が下がってから納税されてるオーナさんも増えました。

亀戸ですと駐車場賃料3~4万として25車室前後から要注意ですね。
うちのお付き合いあるオーナーさんは数件ですよ。25車室(数台入るところ数ヵ所含む)って土地広いですもんね。

投稿: プレイス・マツモト | 2008年5月17日 (土) 午後 01時18分

こんにちは(^^♪
駐車場だけなら、その台数前後ですね。でも建物に付属する駐車場がある場合は要注意です。

オーナーさんの場合、駐車場の賃貸だけでは1000万円以下でも、住宅部分を除く店舗や事務所の賃料収入、他に不動産以外の事業収入がある場合は、これらの収入と駐車場収入を合算して考える必要があります。

まして今回のように管理会社として一括借上げをしている場合は、他の棟も含めて貸主であり、税金の対象となるのは当然のような気がします。

ちなみにですが、駐車場付共同住宅といってもさまざまな形態がありますよね。
各住戸に駐車場一区画を必ず割り当てていて、住宅の賃貸契約に付随している場合は、住宅の貸付とみなして消費税の対象となりませんが、それ以外の駐車場は施設の設置状況によって課税が判断されますので、該当するか不安な場合は確認することも必要です。


なお駐車場貸付の場合、消費税と個人事業税の扱いが異なりますので、こちらも注意が必要です。

個人事業税における駐車場業の認定基準は、駐車可能台数が10台以上で、建築物である駐車場や機械駐車場の場合台数に関係なく、駐車場業と認定されます。

投稿: 亀戸 大竹 | 2008年5月17日 (土) 午後 03時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26169/41222882

この記事へのトラックバック一覧です: え…本当に知らなかったの?:

« 首が…(ToT) | トップページ | 焼き鳥で一杯(^^ゞ »