« 卒業式 | トップページ | サザエさんが亀戸にやってくる……らしい? »

亀戸に春の訪れを告げる「神忌祭(松明まつり)」

Scan025813月25日 午後6時から

亀戸天神が創建されてから300年以上続く、菅原道真公の忌日に行なわれている祭事です。
菅原道真公の忌日は2月25日ですが、明治の改暦により3月25日に改められ、亀戸天神では3月25日に行われているんですよ。

神忌祭は、夏の例大祭に対する春祭りと位置づけられる大切なお祭りで、春の夕暮れとともに、梅の花が咲く心字池のまわりを松明の明かりで照らしながら廻ります。行列は葬送の列を模しているそうです。

神忌祭については、こちらのページもご覧になってくださいね。
亀戸天神の神忌祭(松明まつり)のお尋ねに答えて

なお、この祭事は、雨が降ると社殿内の神事のみになりますので、もし雨天の場合は、事前に亀戸天神社(03-3681-0010)へお問合せされたほうがよろしいと思います。

|

« 卒業式 | トップページ | サザエさんが亀戸にやってくる……らしい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26169/47808452

この記事へのトラックバック一覧です: 亀戸に春の訪れを告げる「神忌祭(松明まつり)」:

« 卒業式 | トップページ | サザエさんが亀戸にやってくる……らしい? »