« 亀戸天神社 献灯明の夜 | トップページ | 変わったような、変わらないような »

花火打上げ場所でのお手伝い

昨日は早朝から亀戸天神社で、神酒所と神輿の片付け。
夕方からは亀戸中央公園の花火打上げ場で、消防団の消防警戒。
もちろん、その間は普通に仕事です。

花火の打上げ場での活動はこんな感じです。

打上げ開始までの間は、
打上げ場内の安全確認(関係者以外の方が入っていないか、可燃物がないかなど)
打上げ場所の複数の入り口での警戒線の確認。実際の警備は亀戸の各町会役員の方々が付いていらっしゃいました。お疲れさまでした。
万一に備えて利用できる水利の状態の確認と、ジェットシューターの準備。亀戸中央公園内の池に水が溜まっていないので、万一の時にすぐポンプ車を動かせるよう確認。

打上げの間は、花火の割れた破片や不発弾の落下警戒、火の粉などによる延焼防止などの警戒。先ほどのジェットシューターを背負って私よりも体格の良い団員が打上げ場内を回っていたんですよ。

今回北北東の風だったため、南西方向に花火が流れる可能性が高かったのですが、南西方向と言うと、亀戸地区まつりのメイン会場や丸八通り・亀戸水神駅方向。立入禁止区域外の落下は危ないので緊張しましたが、無事終了。

実際に私たちが警戒していた立入禁止区域内には、不発弾や多数の花火の割れた破片が落ちていたんですよ。今年入団した新人は、「こんなに緊張して花火を見たのは初めてです」と言っていましたが、実際に花火の打ち上げ最中は花火ではなく、火の粉や落下物・木の枝葉等をずっと見ていました。

花火終了後は、打上げ場内の落下物や残火確認等の安全確認をして、使用資機材の撤収と燃料補給等の整備をして解散。

自宅に戻ったのは22時30分頃でした。
それにしても長い一日だったなぁ。


そうそう隅田川の花火が1か月遅れての開催だったため亀戸と重なってしまい、残念ながら今年は隅田川の花火は見れませんでした。
ヘリコプターが亀戸上空をたくさん飛んでいましたが、隅田川の花火を撮影するためですよねぇ(^^ゞ

|

« 亀戸天神社 献灯明の夜 | トップページ | 変わったような、変わらないような »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26169/52586482

この記事へのトラックバック一覧です: 花火打上げ場所でのお手伝い:

« 亀戸天神社 献灯明の夜 | トップページ | 変わったような、変わらないような »