« 町会で「子どもたちの卒業を祝う会」がありました | トップページ | 既存住宅アドバイザー講習会 »

東京大空襲と亀戸

今日3月10日は東京大空襲のあった日で、亀戸においても戦災殉難者供養会が行われます。

以下の記事は亀戸の歴史や史跡のページにアップしていますが、私たちが聞いた話を子どもたちに伝えていく意味でも、今日あらためて日記のページにもアップさせていただきます。

---------------------------------------

20051223_03この写真は、東京大空襲後に天神橋から亀戸方向を撮影した写真です。
この時、私の祖父や父が暮らした家と店は、現在の場所と蔵前橋通りをはさんだ向かい側、「この写真の中心」にありました。

父は山形へ集団疎開していましたが、祖父や祖母は戦災の頃の話はまったくしてくれませんでした。
ただ他国で行われている戦争のニュースのサイレンを聞いた瞬間、祖母が本当に怖い顔で、「テレビを消しておくれ」と言った時のことが、忘れられません。
私たちの考えられないような体験だったのだと思います。

F1000003この写真にはぎりぎり映っていないのですが、この時亀戸天神の蔵や、江東橋四丁目など一部の氏子の神輿蔵は災難を逃れ、今でも大きな神輿や曳太鼓が祭礼の時には街に繰り出しています。

【関連記事】
災害を乗り越えた「亀戸天神の蔵」

|

« 町会で「子どもたちの卒業を祝う会」がありました | トップページ | 既存住宅アドバイザー講習会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26169/56925041

この記事へのトラックバック一覧です: 東京大空襲と亀戸:

« 町会で「子どもたちの卒業を祝う会」がありました | トップページ | 既存住宅アドバイザー講習会 »