« 2017年2月 | トップページ

春の訪れを感じる色は「オレンジ」

shinkisaipost亀戸に本格的な春の訪れを告げる「亀戸天神の松明まつり(神忌祭)」が、今週3月25日土曜日に行われます。

桜も開花しましたが、私が春の訪れを感じる色は、私が生まれる前から行われている神忌祭の「オレンジ色」なんです。

亀戸天神が創建されてから300年以上続く、菅原道真公の忌日に行なわれている祭事です。
菅原道真公の忌日は2月25日ですが、明治の改暦により3月25日に改められ、亀戸天神では3月25日に行われているんですよ。

神忌祭は、夏の例大祭に対する春祭りと位置づけられる大切なお祭りで、春の夕暮れとともに、心字池のまわりを松明の明かりで照らしながら廻ります。行列は葬送の列を模しているそうです。

神忌祭については、こちらのページもご覧になってくださいね。
亀戸天神の神忌祭(松明まつり)のお尋ねに答えて

なお、この祭事は、雨が降ると社殿内の神事のみになりますので、もし雨天の場合は、事前に亀戸天神社さんへお問合せされたほうがよろしいと思います。


私は、この行事が終わると「春」を感じるんです。もうすぐ春本番ですね(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解体予定建物での訓練

17200934_1316745535074200_630264991昨日は解体予定建物での、破壊工具・資機材を活用した救助訓練が行われ、普段は訓練しづらい機材を活用した実践訓練で、貴重な訓練をすることができました。

主な機材はユニツール、ストライカー、万能ハンマー、コンクリートハンマー、チェーンソーなどで、閉じ込められた扉の開放や、ガラスを割る手順・活動、内装建材や外壁の破壊などの実践的な訓練です。

実際の建物で使用した場合の反動を体験するとともに、逃げ遅れた方の状態を考慮しての、救助資機材を入れる場所を考えるなど、貴重な訓練をすることができました。

写真は装備の一部ですが、防塵マスクや防塵めがね、ヘルメット装着のLEDライトを装備して、かつ肌の露出をできるだけ少なくした装備にすると、視野が狭く音も聞こえにくいので、より安全に配慮した活動も必要だと、あらためて感じました。

午後からは、ポンプ操法訓練のために資機材入替え、亀戸フェスティバルでの初期消火指導と子供たちの体験、と消防団活動の一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

60期

Unnamed_2法人化してから60期の決算が整い、先日納税させていただきました。
この仕事に入ってからまもなく30年ですが、私は、やっと会社の半分。これからも引続き宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ