亀戸水神森クリニック

結構前の話ですが、事故のため子供が救急車で運ばれたことがありました。

救急車で運ばれた病院、更にそこで紹介された地域医院ともに「打撲」の診断だったのですが、どうしても紫にはれた指を診ると骨折に見えてしょうがなかったのです。

そこで、亀戸で、小児整形外科の専門医がいて、整形外科・外科・内科・胃腸科などを見ていただける
「亀戸水神森クリニック」へ行ってきました。
診断は「骨折」。そのままにして置いたら指が変形していたそうです。親の判断で3つも病院に通いましたが、やっと指を固定してくれて、ほっとしたことを思い出します。

院長先生も奥様も、開業前から存じ上げていたので、今回は迷うことなく診察していただいて本当に良かったです。

もしお子さんが、怪我などされたら「亀戸水神森クリニック」へ行かれて見てはいかがでしょうか。
なお整形の先生は勤務が不規則になることがあるので、事前に確認されることをお勧めします。

亀戸水神森クリニックのホームページへ

| | コメント (0)

順天堂東京江東高齢者医療センター

地域で診療を受けて、大きな病院を紹介されることがありますが、亀戸の方は、後日ご紹介する都立墨東病院や順天堂系列の順天堂東京江東高齢者医療センターを紹介される方が多いようです。

高齢者医療センターといっても、私も診てもらったことがありますからご心配なく (^^♪
都立病院から順天堂系列に変わりましたが、亀戸の駅からバスも出ていますのでバスでの通院も便利ですね。

20041214121254.jpg

| | コメント (0)

亀島まつり 平成29年9月2日


「亀島まつり」のチラシを回覧板で回しました。

平成29年は9月2日土曜日の開催となります


詳細は回覧板や掲示板でご確認いただくか、こちらからご覧頂くこともできます。


「第8回亀島まつり」(pdf 0.8M)

| | コメント (0)

亀戸周辺の郵便局

亀戸周辺には、いくつか郵便局があります。

亀戸の郵便局の本局は城東郵便局となりますが、亀戸の西側にお住まいの方にとって意外と便利なのが、お隣墨田区の「本所郵便局です。

honjopost本所といっても、墨田区本所にあるわけではないんですよ。
天神橋を渡ってすぐの場所にあります。もちろん本局ですから他の郵便局よりも取扱時間が長いので便利です。私のところは亀戸郵便局と本所郵便局の中間にありますので、日ごろから便利に使い分けさせていただいています。

江東区亀戸に住んでいても、墨田区の本所郵便局の場所も覚えておくと良いかもしれませんね。

本局は、本所郵便局と城東郵便局

地域には下記の郵便局などがあります。
亀戸一郵便局(江東区亀戸1-17-6)
亀戸駅北口出張所(江東区亀戸2-26-1)
亀戸郵便局(江東区亀戸3-62-12)
亀戸五郵便局(江東区亀戸5-42-13)
亀戸六郵便局(江東区亀戸6-42-3)
亀戸七郵便局(江東区亀戸7-38-5)
などです

| | コメント (0)

亀戸天神 筆塚祭

7月25日 10時より
場所:亀戸天神社筆塚前(鳥居をくぐって右側)
筆塚の前で「おたきあげ」が行われます。古い筆や清書などをお持ち下さいね。

そして「亀戸天神にある4つの筆塚と楷の木」も下記のページでご紹介しています。
お出かけ前にチェックしてみてくださいね
●関連ページ●
亀戸天神の史跡・・・筆塚と楷の木


160710hudetuka.jpg
亀戸天神は学問の神様として知られていますが、菅原道眞公は空海、小野道風に並ぶ能書家といわれ「書道の神」とも仰がれておりました。そのことから、「筆塚祭」では、使い古した筆を納め、書道上達、学問の向上を願う人々が一層の上達を祈願しています。

| | コメント (0)

亀戸天神の史跡・・・筆塚と楷の木

亀戸天神は学問の神様として有名ですが、鳥居をくぐって右に行くと筆塚があり、その隣には、「楷」の木が植えられています。

この木は、孔子の墓所に植えられた木で、木の名前「楷」は「楷書」の字を使い「てほん」を意味していて、「学問の木」とされています。日本には珍しい木で、花を咲かすまでに30年以上かかるといわれています。

また筆塚はこの場所以外に、私の知っている限りで4箇所あります。ここの筆塚は天保10年のもので、他の3つも全て江戸時代のものです。
うそ鳥の碑の一角、鳥居をくぐって左へ行った一角、松尾芭蕉句碑の反対側の一角にありますが、場所を探すのは大変かもしれませんので、分からなかったら社務所に聞いていただくか、私宛にメールを下さいね。

160729.jpg

| | コメント (0)

亀戸天神~最寄駅と駐車場~

●亀戸天神の最寄駅

亀戸天神へ行かれる際に、最寄駅は亀戸・錦糸町どちらを使われますか?
初詣や藤まつりの時は、絶対に亀戸駅をご利用いただいた方が良いですよ。
距離で言うと、亀戸850m・錦糸町1000mと亀戸の方が若干近いのですが、理由はそれだけではありません。

境内が混雑すると、中に入るまでに並ぶ場合もあるのですが、係員の誘導で、鳥居から亀戸駅方向へ並ぶことが多いようです。
また錦糸町から亀戸天神の間には錦糸公園や錦糸町オリナスなどの商業施設もありますが、街を散策しながら歩くには亀戸の方が個人的にはおすすめです。

●亀戸天神周辺の駐車場

天神様の北側には、先日も新しい時間貸し駐車場をオープン致しましたが、連日ほとんど満車状態が続いていました。

できましたら藤まつりや初詣にお越しの際は公共交通をご利用になるか、ちょっと離れた駐車場をご利用いただいて、亀戸錦糸町の町を散策されてみてはどうでしょうか。
なお、亀戸天神周辺の道路は、駐車禁止とともに、日曜祭日は交通規制がありますのでご注意くださいね。

都内の時間貸駐車場検索はこちら

(参考)亀戸天神周辺の歩行者専用道路

| | コメント (0)

亀戸周辺の図書館

kameido-toshokan亀戸の図書館といえば、亀戸図書館城東図書館が真っ先に浮かんできますが、

当社周辺の亀戸3丁目の方は、墨田区の横川にある「墨田区図書館 横川コミュニティ会館」が絶対におすすめですよ。

歩いてすぐの場所にありますし、墨田区に隣接した自治体(江東区はもちろんOK)に住んでいる方なら、墨田区立図書館の利用登録ができ、本を借りることもできます。

もし「図書館の近くに住まいを」と思っている方がいらしたら、ぜひ当社周辺の亀戸3丁目も候補に入れて下さいね (^^♪

| | コメント (0)

江戸切子協同組合とショールーム

江戸切子は東京都伝統工芸品として指定、さらに平成14年には国が指定する伝統的工芸品に指定されましたが、亀戸は「江戸切子」も有名なんですよ。

ガラスの表面に工夫を凝らした彫刻をしたものだと私は思っているのですが、もし間違えていたら教えて下さいね。
江戸時代の後期から制作技法が引き継がれ、カットグラスの技法や材質も新しいものを取り入れながら、伝統あるガラス工芸技法として「江戸切子」があるそうです。

亀戸には、いくつも江戸切子を制作されているところがあるんですよ。
お付き合いさせていただいている方も多いのですが、こちらでは江戸切子協同組合さんのホームページをご紹介させていただきます。

江戸切子協同組合

ぜひ亀戸にいらしたら、「江戸切子」 ご覧になってみて下さいね。

| | コメント (0)

福地写真館さん

人生の大切な一頁、お宮参りや七五三といえば神社のお参りもありますが、やっぱり記念写真は撮りますよね。
と言うことで、今回は亀戸香取神社・亀戸天神社の近くにある老舗の写真館「福地写真館」さんをご紹介します。

福地写真館は創立1924年の撮影専門店で、亀戸天神参拝後の亀戸天神写真室での写真撮影は福地さんが撮っています。そして、ご主人は亀戸観光協会や亀戸天神通り商店街、日本写真館協会の役員も務められる方で、本当に亀戸を愛している方なんですよ。

詳しくは、下記のホームページをご覧になってみて下さいね。

福地写真館
東京都江東区亀戸3-45-15
電話 03-3684-1288
営業時間 9:00から19:00 土・日・祭日は18:00まで
定休日 木曜日
(営業日等のデータはホームページから転写しました)

| | コメント (0)

«ベッ甲イソガイ(鼈甲磯貝)さん