亀戸の節分風景とこどもたち♪

今年も、まもなく節分ですね。
亀戸(特に駅の北側)では、節分の夕方になると、走るこどもたちと、自転車をこぐお母さんのグループをよく目にします。

setubunこれは亀戸3丁目に江東天祖神社・亀戸香取神社・亀戸天神社という大きな神社が3つあり、時間を少しずつずらして豆まきをするからなんですよ。

亀戸香取神社 15:00頃
天祖神社 15:30頃、18:00頃の2回
亀戸天神社 17:30頃
※時間はあくまでも目安ですので前後する場合があります。お出かけの際は神社にご確認くださいね。

これら3つの神社は、江東区の亀戸だけでなく大島や、墨田区の横川・業平・太平・錦糸町から両国にかけた江東橋や緑・立川といった総武線の南側の墨田区などが氏子となる、大きな神社です。

昔から、それぞれの神社で特徴の異なる豆まきが行われるので、私が子供のときも、神社の「ハシゴ」をしている子供が多かったです。ずーっと続いているんですね(^^♪

亀戸3丁目の裏道を車で走るときは、子供たちに気を付けてあげてくださいね。


写真は亀戸天神社の節分です(2月3日午後5時30分ごろから)
亀戸天神社では、赤鬼、青鬼が登場し、豆まきなどが行われます。四つ目の赤鬼・青鬼と神官の「調伏問答」が特色で、他の神社には見られない、古式豊かな神事なんですよ。

| | コメント (0)

今日は卯の日~亀戸天神社、御嶽神社(妙義社)

Dsc_0456今日は「卯の日」、亀戸天神社境内(本殿に向かって東)に隣接する御嶽神社へ亀戸天神通商店街の方々と初卯祭に行ってきました。

御嶽神社は、菅原道真公の師で「卯の神」として信仰されているんですよ。
詳しい解説は亀戸天神社さんのホームページや、こちらのページに書かれていますので、ご覧になってみてくださいね。

この御嶽神社は、亀戸妙義社と地図に出てくることがあります。
菅原道真の師で、大宰府天満宮造営にも関わった延暦寺13代座主法性坊尊意僧正をまつり、大宰府御嶽山より歓請されました。
上州妙義山でも法性坊をお祀りしていることから、亀戸の御嶽神社を、江戸のころから亀戸妙義社とよんでいたそうです。

法性坊は卯日の卯の刻に亡くなられことから、春の陽気を向える「卯の神」と啓仰され、以来月毎の卯日はもとより、特に正月の卯日は、陽気を迎えるはじめとして参拝されたそうです。


2012010710490000また、御嶽神社には現在、地元で「安政時代のお神輿」と呼ばれている「水神様の輿」が奉られています。
明治時代には、水神様の輿を船に載せ、横十間川から竪川を経由して隅田川に出たところで大祓いを行なう行事が6月にあったそうです。
(この行事は竪川の埋め立てや、水門の関係で行なわれなくなりました)
この水神様の輿や台座は、関東大震災や戦災の難をまぬがれ今に残り、輿は御嶽神社の外から見ることができます。

ご鎮座350年祭の宝物展で展示され、その際展示・片付けのお手伝いをさせていただきました。
神社の蔵から、地元青年有志がお手伝いをして今の場所にお移しして以来、久しぶりに神輿の中を拝見させていただきましたが、輿の中は畳が敷かれ、美しい天井絵が描かれているんですよ。

| | コメント (0)

ダウンライトによる火災にご注意を

今日の東京は寒くなりましたが、衣替えはされましたか?

東京消防庁から衣替えの時に発生することが多い、ダウンライトによる火災の情報が先日アップされていました。
11月には秋の火災予防運動もありますが、秋も深まっていきますので、私も気をつけたいと思います。


| | コメント (0)

第1回 亀戸ホコ天ソーラン祭り

20161013150338_00001_4「第1回」亀戸ホコ天ソーラン祭りが亀戸商店街連合主催で開催されます。

初めての開催なので何がどうなるか私も分かりませんが、パレードもありますので、お時間が有ればぜひお越しくださいね。
私も楽しみにしています。

●日時:2016年11月13日(日)12時30分から16時


画像をクリックすると別のウインドウで大きく表示されます。

| | コメント (0)

【江東区】ゴミの分別方法変更(燃やさないごみ)

201609_01江東区では9月19日から、燃やさないゴミの分別方法が変わります。

お住まいの方へは、分別方法変更のお知らせが届いていらっしゃると思いますが、来週からですので、改めてお知らせさせていただきます。

主な変更は、分別が「水銀を含む製品」「発火性のあるもの」「その他」に分けて出すことと、乾電池や蛍光管の拠点回収が12月末で終了する点です。

画像をクリックすると別のウインドウで大きく表示されますので、ご確認いただければと思います。

| | コメント (0)

亀戸の8月「亀戸赤からし市、旧中川灯籠流し」

13707613_1104213306327425_7291903_2町会掲示板に「亀戸赤からし市」「旧中川灯籠流し」のポスターを掲示しました。
クリックすると大きく表示されます。

各町会でも掲示されていると思いますので、お時間が合ったら是非いらしてくださいね。

PS:掲示板が小さいのかポスターが大きいのか…、これから掲示予定の「ラジオ体操のお知らせ」の掲示スペースが足りない。どうしよう(~o~)

| | コメント (0)

文京区あじさいまつり

昨日は「文京区あじさいまつり」の開かれている白山神社へ行ってきました。

いろいろな種類の紫陽花を見ることができましたが、その中で始めてみる紫陽花。
八重のガクアジサイ、初めて見ました。

Dsc_0219

Dsc_0218 Dsc_0220


| | コメント (0)

亀戸の節分風景「走るこども達♪」

亀戸(特に駅の北側)では、節分の夕方になると、走るこどもたちと、自転車をこぐお母さんのグループをよく目にするんですよ。

setubunこれは亀戸3丁目に江東天祖神社・亀戸香取神社・亀戸天神社という大きな神社が3つあり、時間を少しずつずらして豆まきをするからなんですよ。

亀戸香取神社 15時頃
天祖神社 15時頃、17:30頃の2回
亀戸天神社 17:30頃
※時間はあくまでも目安ですので前後する場合があります。

これら3つの神社は、江東区の亀戸だけでなく大島や、墨田区の横川・業平・太平・錦糸町から両国にかけた江東橋や緑・立川といった総武線の南側の墨田区などが氏子となる、大きな神社です。

昔から、それぞれの神社で特徴の異なる豆まきが行われるので、私が子供のときも、神社の「ハシゴ」をしている子供が多かったです。ずーっと続いているんですね(^^♪

亀戸3丁目の裏道を車で走るときは、子供たちに気を付けてあげてくださいね。


写真は亀戸天神社の節分です(2月3日午後5時30分ごろから)
亀戸天神社では、赤鬼、青鬼が登場し、豆まきなどが行われます。四つ目の赤鬼・青鬼と神官の「調伏問答」が特色で、他の神社には見られない、古式豊かな神事なんですよ。

| | コメント (0)

グラッときたら身の安全

●大きな揺れの間は、丈夫なテーブルや机などの下に身を伏せる。
●近くに机などが無い時は、座布団などで頭を保護する。
●大揺れの場合、家具類が倒れたり、窓ガラスが割れたりするため、そばに近寄らない。
         (参考)東京消防庁「地震その時10のポイント」

| | コメント (0)

災害時における通行規制

11924897_928177947264296_3437842273事務所の前の蔵前橋通りが、通勤時間帯なのにガラガラ。
今日はは防災の日で、震災警備総合訓練として大地震の発生を想定した交通規制が行われたんですよ。
なお震災などの災害時における通行規制は、下記の警視庁のページを参考にしてくださいね。

緊急自動車専用路・緊急交通路

| | コメント (0)

«すみだ水族館、江戸東京博物館