« 少年キャンプのお知らせ | トップページ | 亀戸地区夏のイベント情報 »

氏子の境

本所深川の開発と同時に河川や道路の整備が行なわれ、
神社の氏子町ができてきましたが、神社の氏子町の境って分かりますか?

実は今のような行政区分や町会を見ただけでは
氏子の範囲は分からないんですよ (^^♪

亀戸はもともと農村から寺社町に変わった土地ですので、
町が河川や道路に沿って成り立ってきたんです。
ですから氏子の区分を見るときには河川と道路の両側は基本的
に同じ氏子と考えると分かりやすいかもしれません。

一番分かりやすい例で行くと、
亀戸天神の氏子町は亀戸天神から横十間川を南に行き、
竪川(今の首都高速7号線の下)との合流地点から両国方向へ向かう、
両河川の両側に広がっているんですよ。

戦後は町会が整備され、町会単位で行事を行うことが多くなったので、
この見方も少しずつ変わってきている地域もあります。

|

« 少年キャンプのお知らせ | トップページ | 亀戸地区夏のイベント情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氏子の境:

« 少年キャンプのお知らせ | トップページ | 亀戸地区夏のイベント情報 »