« 災害時における通行規制 | トップページ | 亀戸の節分風景「走るこども達♪」 »

グラッときたら身の安全

●大きな揺れの間は、丈夫なテーブルや机などの下に身を伏せる。
●近くに机などが無い時は、座布団などで頭を保護する。
●大揺れの場合、家具類が倒れたり、窓ガラスが割れたりするため、そばに近寄らない。
         (参考)東京消防庁「地震その時10のポイント」

|

« 災害時における通行規制 | トップページ | 亀戸の節分風景「走るこども達♪」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 災害時における通行規制 | トップページ | 亀戸の節分風景「走るこども達♪」 »