グラッときたら身の安全

●大きな揺れの間は、丈夫なテーブルや机などの下に身を伏せる。
●近くに机などが無い時は、座布団などで頭を保護する。
●大揺れの場合、家具類が倒れたり、窓ガラスが割れたりするため、そばに近寄らない。
         (参考)東京消防庁「地震その時10のポイント」

| | コメント (0)

災害時における通行規制

11924897_928177947264296_3437842273事務所の前の蔵前橋通りが、通勤時間帯なのにガラガラ。
今日はは防災の日で、震災警備総合訓練として大地震の発生を想定した交通規制が行われたんですよ。
なお震災などの災害時における通行規制は、下記の警視庁のページを参考にしてくださいね。

緊急自動車専用路・緊急交通路

| | コメント (0)

香取小学校で江東区総合防災訓練~25年9月8日

今度の週末 9月8日日曜日9:30から12:00
香取小学校において江東区総合防災訓練があります。

亀戸3丁目・4丁目にお住まいの方は、各町会の一時集合場所に集まった後に訓練会場へ移動し、会場での各種訓練が行われるんですよ。

なお亀戸三丁目天神町会は移動時間の関係で、パンフレットの集合時間より早い
8:40集合、8:50出発」となります。

消防団の仲間も参加しますが、今回私は町会の地域部長として、一時集合場所から訓練会場への避難誘導からの参加となります。

訓練は繰り返し継続することが大切ですので、ぜひこの機会に参加してくださいね。

20130827175351_00001

画像をクリックすると大きく表示されます。

| | コメント (0)

地震に備えて

大きな地震は、いつ何処で起こるかわかりませんが、 日ごろの準備と心構えが必要です。 突然、大きな地震に襲われたとき、適切な行動がとれるようご参考になればと思います。

地震に備えてのページ


このページは2004年に書き始めたページです。一部リンク切れ等が出てきましたので、少しずつ書きなおしていきたいと思います。

| | コメント (0)

「こうとう安全安心メール」ご存知ですか?

江東区には、生活安全情報や地震・気象などの防災情報に関しての情報をメールで送信するサービスがあります。

生活安全情報のほかに、区からの防災関連情報、気象庁からの
・震度4以上の地震情報
・東京湾の津波情報
・荒川の洪水予報
・竜巻注意情報
などがメールで送られてきます。

登録方法は、江東区の防災防犯情報のページからご覧いただけます。

私も登録しました。

| | コメント (0)

震災と台風。徒歩帰宅は状況を見てから…

今回の台風の時に気になったのが、暴風域に入っているにもかかわらず、歩いている方が多かったことです。

3月11日の震災の時に比べて歩いている方は少なかったようですが、震災の時にはヘルメットをかぶられている方が多かったのに、今回はほとんどの方が無防備。

公共交通機関も運行すると危険なので止まっているぐらいですから、台風の場合は、ある程度予測できるので、早めに帰ることができなければ、急ぎでなければ安全な場所で待つことも大切なのではないかと思いました。

今回、東京では高潮の被害等は報じられていませんが、徒歩等での帰宅中に高潮や洪水、地震の時には津波が起きることもあります。
震災の時も台風の時も、安全な場所から移動するときには、周辺の情報を把握してから行動することを改めて肝に銘じたいと思います。
 
 
 
台風も震災も、消防団員として出場するときは、ものすごく緊張します。

ちなみに先日の台風の時は、順調に仕事が終わり、13時過ぎからは消防団の召集に備えて自宅待機していました。
15時過ぎに、消防団連絡網で出場の連絡があり、消防団詰所へ参集。

参集途上で周辺状況の把握。
団員がある程度集まったところで各班に分かれて活動。

私は、ポンプ車で管内の状況確認。
その後は、建築現場の足場のシートが電線に絡まっている現場へ。電線が切れると周辺一帯が停電になる恐れがあるのですが、さすがにあの強風の中、団員が作業するには危険すぎるので、消防署隊を要請。

次に震災時に被害のあった建物の屋根の覆いが飛んで、足場倒壊の恐れがある現場へ。ここは既に警察から建築主へ連絡済みだったので、建築屋さんがほどなく到着、上部での作業を投光器を使って補助。

倒木により道路がふさがれている場所では、倒木をずらして通行路を確保。
その後も看板落下の危険性が高い現場での、交通整理。

ほとんどの団員は各危険排除個所へ出っぱなしでした。

| | コメント (0)

地震と避難所~亀戸防災マップ

3月11日の東北地方太平洋沖地震、12日の長野県北部の地震によって被害を受けられました方々に心からお見舞い申し上げます。


地震発生は、お客様のご案内が終わって事務所に戻った時で、事務所の中から
「地震!」
と声がかかるまで一瞬気がつきませんでした。

外には下校途中の近所の小学生数名が、仮設の鳥居・看板の真下に立ちつくしていたので、事務所の中へ入ってもらい揺れが収まるのを待ちました。

揺れが収まった後には、子供たちがとても怖がっていたので、家内が家まで送っていったのですが、家族が不在の子や家の前の棚が倒れて家に入れない子の家もあり、一度小学校へ戻ることになりました。
後で聞いた話ですが、学校には自宅に帰れないお子さんたちが多くいたそうです。


その後、家族の安全も確認できたので、消防団の資機材格納庫へ。
すでに数名の団員が、亀戸地域の状況把握と災害対応に出ていました。

前回の震度5弱の地震の時はエレベーター内に閉じ込められる方が大勢いたので、すでに先発隊は管内のマンションのエレベーター状況把握と対応、主要交通網等の確認。

私は、亀戸地区の状況把握等に自転車で回ることになりましたが、ブロック塀が倒壊している箇所・瓦や建物外壁が落下している箇所、建物外壁が歪んで玄関を閉じ込んでしまった建物などがいくつかあり、倒壊危険度「赤」の建物もありました。

現場での声かけと、危険個所のご近所の方に怪我人がないことを確認しながら回りました。途中、声をかけられるのが多かったのが、ガスメーターの復旧方法、避難場所の確認。

その後、倒壊等の危険地域への警戒線の設置、町会の災害協力隊の要請による一時集合場所から避難所への誘導。自動火災警報機鳴動マンションの検索…、皆で手分けして活動に当たりました。


今回は私どものところは震度5強で、幸いにも火災や倒壊個所からの救助等はありませんでしたが、大きな被害が出ている地域を思うと、胸が締め付けられます。


夜に一回自宅へ戻り、よく朝からは再度、管理物件の状況を確認するため亀戸を回り、無事であることを報告し、終日仕事。


夜からは町会の役員会に出席しました。
町会の方々は、一時集合場所から避難所である第一亀戸小学校へ誘導をしたのですが、その後が大変だったそうです。

現場で対応された町会の方から聞いた話なのですが、第一亀戸小学校が江東区が帰宅困難者のために開放した学校6校のうちの一つに指定されたので、帰宅困難者の方であふれたそうです。
第一亀戸小学校だけでは収容しきれず、香取小学校を準備し、次に水神小学校と帰宅困難者の方の受け入れ箇所を増やしたそうです。

今回は、地元の方の一時避難の数が少なかったので何とか対応できたようですが、地元の一時避難者が多くなると収容が心配だとのお話も出ていました。

亀戸防災マップをアップしますので、再度ご自分の一時集合場所・避難所・避難場所をご確認いただければと思います。

最後になりますが、あらためて被害を受けられました方々に心からお見舞い申し上げます。

Kameidomap

| | コメント (0)

亀戸地区の近隣防災ホームページ

亀戸地区の近隣防災ホームページです。
時々チェックしてみることも大切だと思います。

江東区:防災・防犯のページ
墨田区:家庭と地域の防災対策
江戸川区:防災情報ホームページ

| | コメント (0)

本所防災館

17041001少し前のことになりますが、本所防災館の体験コースに参加したんですよ。
本所防災館は東京都内に3ヶ所ある防災館のひとつで、錦糸町と押上のちょうど中間にあり、亀戸の西側にお住まいの方は徒歩で行くことも出来ます。
防災対応力を高めるためにも、是非一度体験コースに参加してみてはいかがでしょうか。


主な体験コーナーは
●3Dシアター
立体映像や音響、座席の振動などで、地震に関する映像です

●地震体験コーナー
小学生の子供たちは震度5、私は震度7の地震を体験しました

●暴風雨体験コーナー
風水害をもたらすほどの強風、大雨を体験します。
以前東京を直撃した台風の際に、消防団で活動した時の状況に近かったです

●煙体験コーナー
火災の際に煙の中をどのように避難するかの体験です

●消火体験コーナー
消火器の取扱いを体験しました

●応急手当体験コーナー
いざというときの応急救護を体験します

●自由見学コーナー
いろいろありますが、今日は「119番コーナー」 「川の手地域コーナー」 「液状化現象」を体験見学しました。

17041002以上のコースで約2時間ぐらいです。

体験コースの時間は決まっていますので、行かれる方は事前に本所防災館のホームページを確認してみて下さいね。
本所防災館のホームページ

| | コメント (0)

災害時の難病患者支援チラシ(1型糖尿病「IDDM」編)

「災害時における難病患者の行動・支援マニュアルの作成及び啓発事業」への取組みの一環として、避難所で被災者の支援をする人たちに、1型糖尿病のことを知ってもらうための啓発用チラシを作成し、防災ボランティアみえのホームページにおいて公開しています。

いざ災害が発生したときには、私たち家族も必ず直面する問題であり、この地域にも同じ病気を持った子供たちが何人もいます。
できれば頭の片隅にでも入れていただけると大変ありがたいと思い、ここでご紹介させていただきます。


難病患者支援チラシ(1型糖尿病「IDDM」編)(PDF(548KB))
防災ボランティアみえのホームページ
関係資料(PDF)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧